• Shambhala In Your Heart Festival 14-20 Feb 2011 シャンバラ祭りに行ってきた


    Posted on 2011-02-21 by in のんしゃらん出没結果

    ワンディ母さんごめんなさい。祭りに行くために午後一で早退させていただき、シャンバラ祭りに向かわせていただくぜーーー!とウキウキで学校に向かうと、スイス人とスペイン人が「チホ、何時に行くんだ?」と聞いてくる。あてくし的には英語がペラペラな日本人と行くんじゃなかったっけ?と思いつつも時間を教えると、「OK。ランチに荷物を取ってくるからちょっと待っててくれ」

    Σ(´∀`;)大汗!

    あてくし、マッサージ関係ならボディランゲージでなんとか英語通じるけどっ、お酒のんでりゃなんとかなるけどっ、シラフでプライベートって何話せばいいんですかーーーーーっ。

    てな感じでスタートしたシャンバラ祭り。なんとかしました。

    みんなでソンテウ(乗合タクシー)に乗り込み、チャンプアック・トランスポート・ステーション(Chang Phuak Transport Station)に向かう。20B。※トランスポート手段はバスしかないので、バスステーションでも通じる。

    Chang Phuak Transport Station

    乗り口はここ。周りの人に「ヤーック パイ チェンダオ(チェンダオに行きたい)」と聞くと教えてくれる。ローカルバスで40B。1時間半くらい。車内で精算。

     浮かれて移動。ゴキゲンスペイン人。シートの幅は狭いが、なんとかなるレベル。

    車掌さんがチェンダオ到着を教えてくれて、下車。目の前に黄色のソンテウ(乗合タクシー)がいるので、「ヤーック パイ ドイ・ルアン・ユース・キャンプ」で連れてってくれる。150Bを人数で頭割り。先に二人いて、うちらが四人だったので、一人30Bだった。ちょっくら多いが、チップだと思うことにする。

    クラスメートのスペイン人とスイス人は浮かれまくり。

    到着後、寝床を準備しフロアに行くと・・・最高に気持ちいい景観

    夕暮れから夜にかけてのグラデーションを楽しみ。満月へ。ほんとに壮観。

    シャンバラ祭りの会場マップは本部前にある。

    本部はこんな感じ。TシャツとかポストカードとかアーティストCDを販売。ここの売上で祭りの経費が賄われているので、行ったら必ず感謝して買うべし!!!また、アーティストタイムスケジュールや落し物情報、注意事項、ワークショップ情報などがあるから、毎朝チェックするのも必須。

    ドリンクは、チャンビアが30B、レオが35Bで嬉しい冷え冷えで販売。酒呑みにはすげーすげー嬉しい。ごはんも30Bくらいからタイフードを提供。ちなみに、飲料水は無料で提供していたけど、タイ人が飲むお徳用パッケージなので気になる人は持参すべし。

    タイフードの他にも、ベジタリアンレストラン、フルーツシェイク屋もあり、食べ物飲み物には困ることはナッシング。朝は大忙しのコーヒー&シェイク屋 ↓

    ワークショップは、屋根付きのスペースで行われてた。主にヨガ。いろんな種類があったなー。

    壊れかけの廃屋(?)でもワークショップ。長野在住の大槻さんが操体法を伝授。オーリングテストも行い、眼から鱗の面白な授業だった。

    タイマッサージ仲間と感謝の意味を込めて、大槻さんにマッサージ。至福の時間だったそうな。

    汗をかいたら温泉。現地の方々が利用する無料のドラム缶と「ほたるの湯」という日本式の岩風呂の二種類がありました。女子なので、岩風呂を選択。50B。着替えるところはあるけれども、男女混合まるみえなので、水着は必須。上は熱め、下は体温並。きもちえがったぁぁぁ。

    夜のライブは、最前列ではしゃぎまくり。

    ラビラビにお布施して。記憶は終了。

    来年も絶対くるぞ。とチェンダオ山に誓いつつ祭りを後にしました。

     

     

     


     

    Related posts:

facebook comments:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">