• 【勉強会】2009 5/19- 解剖学自修会が始まりますよ。


    Posted on 2009-04-20 by in タイマッサージ勉強会

    タイマッサージ、タイ古式マッサージ。言い方は違えども中国の鍼灸ツボの概念とインドのアーユルベーダがタイで結婚して出来上がった医療と快楽のマッサージ。

    タイでは、国家資格として確固たる地位を築いているけれども、日本では「マッサージ」としては認められず「リラクゼーション」というカテゴライズされます。その理由の一つとしてタイマッサージでは手法の伝授が優先とされ理論は後回しになってしまうことが多いため。(←主観です。もちろん理論をしっかりやるタイマッサージの学校もありますが少数です。)

    タイマッサージを学び、様々な方々の身体に触れていくと、どんどん知りたい事が増えて行きます。それは、人の身体の仕組みを知る事で解決の糸口を見つけることができるはずです。が、書物や聞きかじりだけではやはり完全に解決する。ということは難しかったりします。

    そんな、タイマッサージのセラピスト向けに「臨床タイ医学研究会」が「解剖学自修会」を始める事になりました。

    タイマッサージの視点から「解剖学」を考える絶好の機会です♪

    残席は残りわずかですが、同じタイマッサージのセラピストでご興味のある方この機会に是非。 

     

    以下詳細
    臨床タイ医学研究会が主催する一般公開の勉強会 
    新しい勉強会、〜解剖学 「自修会」〜が始まります! 

    一つ一つの筋肉に対し、きちんと触診を行ったことはありますか? 
    私達はやったことがないので、やってみたいと思いました(笑) 

    この度「臨床タイ医学研究会」を立ち上げるにあたり何から始めたら良いのか悩みました。そして「身体」のプロでありながら、「弱い」と自負する、されど避けて通れない「解剖学」を自分たちで修得することから始めることにしました。 

    「自修会」は誰か講師を立てるのではなく、自分達でお互いの身体を触って触診を行っていきます。 

    「●●理論」や「自分の経験値でこう思う」、ということはちょっと置いておいて。 
    事実確認をしていきたいと思います。 
    そうすれば、今なんとなく「こうじゃないかなあ、、、」と思っていることに確信が持てるかも知れません。 
    身体丸ごと、には数年かかるかと思います。それでもこうやってゆっくり、私達なりに理解の水準をあげていきませんか? 
    ご興味のある方は是非、一緒にやっていきましょう! 

    第1回 解剖学自修会 

    日時:2009年5月19日(火)14時〜16時  
    場所:池尻大橋近辺の公民館 ※追って連絡します。 

    教材:ボデイーナビゲーション(医道の日本社)3,800円 
       ※鍼灸学校などでも使われている分かりやすくてお手頃な解剖の本です。 アマゾンなどで購入できますので、ご用意下さい。 


      

    持ち物:バスタオル又はヨガマット、筋肉が分かりやすい服装、筆記用具、教材「ボディーナビゲーション」、飲み物など。 
    開催ペース:2か月に1回 
    参加費:1,000円/回  2回目以降 3か月分まとめてお支払い頂きます。 
    定員: 30名 
    世話役:ITM渋谷 石田ミユキ / プアラニ 倉西直美 
    お問い合わせ・お申込み:ITM渋谷 石田 info@om-namo.jp 090-2673-0822 
    主催:臨床タイ医学研究会 

    臨床タイ医学研究会について: 
    この臨床タイ医学研究会はタイ医学における臨床(医療・福祉・教育)現場で活動を行う者が交流し、研究活動を行う為の機関として立ち上げました。(2009年3月)※只今ITM渋谷のサイト内に設置していますが、臨床活動のある方及びタイ医学に興味のある臨床現場の専門家の方でしたら、誰でも(ITM渋谷のスクール生でなくとも)会員登録頂けます。 
    ※「自修会」は、臨床活動がなくとも、興味のあるセラピストやボデイーワーカーなら誰でも参加頂けます。 
    臨床タイ医学研究会 詳しい情報 http://www.om-namo.jp/school/research.html 


     

    Related posts:

facebook comments:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">