About me


2006年より野外パーティでのタイマッサージ出店をメインに活動していましたが、2012年7月より長野県安曇野にてサロンをオープンいたしました。

タイマッサージのポリシーは、「する側もされる側も、お互いに、楽で、気持ちよく」 

2012年にタイ・チェンマイで出産し、自分のカラダで妊婦マッサージ・産後ケア、自分の子供でベビーマッサージを実践して、帰国後は産後ケア・ユーファイを普及すべく活動中!のんしゃらんの日々の活動はFacebookにて公開しています。

のんしゃらん主宰 ヒロキチホ


 タイマッサージ取得 in Thailand:

Nov/2005
Wat Po Thai Traditional Medical School
→General Massage
→Foot Massage
→Oil Massage and Aromatherapy

Feb/2011
Wandee Ancient Thai Massage School
→Traditional Thai Massage 10days
● ITM – International Training Massage School
→Thai Chair Massage Course
→Thai Table Massage
Ong’s Thai Massage Training
→Abdominal Massage

Jun/2011 
Master Mantak Chia chi nei tsang workshop

Oct/2011
ITM – International Training Massage School
→Certified Advanced Practitioner and Teacher Training Program (CAPT)
>Level I – Foundation of Thai Massage
>Level II – Intermediate Thai Massage
>Level III – Advanced Sen Energy Lines
>Level IV – Advanced Therapeutic Thai Massage
>Thai Herbal Hot Compress
>Thai Foot Reflexology Massage Course
>Applied Anatomy for Thai Massage

Jun/2012
● Andrea Private Lesson
→Internal Organs Chi Massage 

Feb/2012
● Wandee Ancient Thai Massage School
→Freestyle Thai Massage

Mar/2012
RSM (Recreation and Sports Medicine) International School 
→Motion Analysis Clinical Massage – Baisc 5 Day Training Course

Spa Mantra
→Pregnancy Massage Course

Sep/2012
Sunshine Massage School 
→Taking care of people with back pain and / or pregnant.

Oct/2012
● Ong’s thai massage school
→Pregnancy Massage 

Jun/2013
● Ong’s thai massage school
→Baby Massage
→Postnatal Care Massage

● Spa Mantra
→Postnatal Traditional Thai Lanna Treatments Course


プロフィール:

福島県いわき市生まれ。 幼少期は自由人な両親の元、日本各地を点々として過ごす。大学進学を機に上京。 日本文学科専攻で近代文学を学ぶ予定だったがゼミ選考に漏れ、なぜかエントロピーゼミに配属。授業に行く足が滞ると比例し、在学中に手に入れたMacintoshにハマり、中退し、コンピューターの専門学校へ進路変更。在学時に友人と作成したゲームが、スクエア・エニックス主宰のゲームコンテストで佳作を受賞。当時日本円にして60万円ほどの大金を手に入れ浮かれる。卒業後、CG会社に入社。ゲーム(ソニーエンターテイメント、スクエア・エニックスなど)、TV(フジテレビ、NHKなど)のオープニング映像を制作に携わるも、一週間で帰宅が一日という激務で体調を崩し退社。学生時代の友人に「映像制作ができればWebはつくれる」と誘われ、請負でWeb制作業をスタート。また、学生時代からの仕事のコンピューターインストラクターに復帰。中小企業向けのセミナー、Macworld、PCWorldなどの展示会でのMCナレーターなども行う。コンピューターやアプリがフリーズしても、聴衆を逃さず、趣旨を伝えることができるのが売りだった。ITバブル期だったこともあり、一年の半分はデスクワーク、半分は雪山で滞在というノマドワーカースタイルで活動を始めることができた。プライベートでは、スノーボードの公式・草大会を転戦。コケたら死ぬかもという恐怖感を抑えこみ、スピードアクセルドキドキ感トップギアという極限状態の経験を重ね、丸沼高原スキー場での大会で優勝したことを機に選手生活は引退。そんななんとかなるさと度胸を片手に、2005年にバックパッカーの旅へ。ノリと勢いで足を踏み入れたタイ・バンコクのタイマッサージの総本山Wat Po (ワットポー)本校にて、きれいなフランス娘と荒井注そっくりなタイのおばちゃんと一緒のチームになり、いったい何語で会話すればいいんですか?と戸惑いつつも、2005年11月にFoot Massage, Oil Massage,General Thai Massageの三教科の免許を無事取得。その後、青山、池尻大橋、渋谷のお店にて修行を積み独立。2006年5月に出張タイマッサージ「のんしゃらん」をスタートさせる。酒とタイと波と雪と重低音と適当をこよなく愛して日々を過ごし、週末は、野外フェスティバル(主に民族系トランス)でタイマッサージで身体との対話を楽しみ、平日は、出張マッサージやWebや広告デザイン系の案件でオタク心を満喫していたが、2009年8月からタイマッサージサロン「歩々屋」(現在:歩々屋常滑)の立ち上げを手伝うという貴重な体験から、固定のお店を持つという意義を学ぶ。2011年タイマッサージを主軸に活動することを目的に、チェンマイで再修行。タイのお母さんWandeeからは、職人としての心構え。ITMからは、タイマッサージで行う上での無駄のない流れ。オン(ウー)先性からは、文献だけではわからないtao garden式のチネイザンタッチを手に入れる。帰国後、臨床タイ医学研究会の「高齢者へのタイマッサージ」ワークショップ参加から今後の活動計画を練るも、その4日後の2011年3月11日の震災でいわき市の実家が被災。暫くの間タイマッサージから離れるが、タイスタイルアブドミナル(チネイザン)マッサージ勉強会を主宰。6月に「第三回タイマッサージ祭り@古民家」被災者の立場からの主宰の一人として参加。復興支援イベントを成功させ、定期的にタイマッサージを被災地に派遣活動を実施。コンピューター系では、初登場興行成績二位となった「モテキ」映画製作にWebプログラマーとして参加。2011年10月より、タイマッサージの再構築のため再びタイ・チェンマイへ。ITMでCAPT(Certified Advanced Practitioner and Teacher Training Program)コースにて、タイマッサージの裏付けとなる知識を理解し教える人材を育成する授業を習得。すでに経験しているからこそわかる理論、動き。そしてチェンマイ大学にて行う献体を使った解剖学。タイマッサージの知識をもった大学の先生が技とともに解説。筋肉、骨だけではなく、内臓、分泌系などまで多岐に。とてつもなく大事な経験をさせてもらう。コース卒業後も「教え方」を学びに通い技術の向上を測りつつ、4月に帰国後、ITM安曇野の立ち上げに携わり同校内に実店舗としての主宰していた「のんしゃらん」を固定店舗としてスタートさせるも、妊娠発覚。現在スクールと店舗はカナダ人・ドイツ人・日本人スタッフに任せ、9月にチェンマイ入り。タイマッサージセラピストとして自分のカラダで妊婦マッサージ・産後ケア、自分の子供でベビーマッサージを学ぶ。産後ケア・ユーファイを約1ヶ月の集中トリートメントにて良さを確信し、各種スクールにて学ぶ。日本に帰国後は、得た経験と情報を日本用にカスタマイズし、産後ママはもちろんのこと世の女性に知ってもらうべくユーファイ普及計画始動。全国津々浦々夫と娘と三人で出張施術&講習していきます。講習では実技と体験談担当。

おおざっぱなO型。飛び出したら突き進むいて座。マヤ暦ではkin107 青い手。電気の手で癒すらしいです。 


※私の母が被災したことをきっかけに「タイマッサージ祭り」というイベントをお手伝いしています。被災地へタイマッサージを通じてココロとカラダのケアを目的に活動中。

http://thai-massage-matsuri.com/


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">